exclaTOP > 機能
機能

〜exclaによって すぐに実現できるアプリの機能をご紹介します〜

主要機能
プッシュ通知 iOS/Android端末の両方に対して、ブラウザやアプリからプッシュ通知を送信する仕組みを提供します
会員管理・認証 アプリの中でユーザー登録を行う場合などに、基本的な仕組みを提供します 面倒な会員管理がサーバー側コードを書くことなく実装可能
SNS連携 Twitter、Facebookのログイン認証機能を瞬時にアプリへ導入することができます 会員登録を行う方法として、ID/パスワード認証とAnonymous認証以外に、FacebookとTwitterのアカウントでより簡単に登録してもらう仕組みを、簡単にアプリに実装可能です
データストア アプリで利用されるデータを保存・共有することができるデータベース機能を提供します サーバーを用意する必要なく、アプリのデータを効率的にクラウド上に格納できます
ファイルストア アプリのファイルをすべて保存・アクセス制限で管理します ファイルストアには、画像やテキスト、音楽など様々な種類のファイルを保存することができ、データストアと同様にACLでのアクセス制限を設定することが可能です アプリの紹介ページを用意するだけでなく、リッチプッシュ通知との組み合わせで、受信後にアクセスするページをファイルストアに保存しておくことも可能です
位置情報検索 データストアにスマートフォンのGPS機能などを利用した位置情報を保存する機能です データストアに位置情報を保存し、範囲や緯度経度での会員・データ検索を行うことができます
簡単に実装できる 機能部品
Accelerometer 加速度センサーの情報を取得します
Barcode QRコード等のバーコードを読み取ります
Bluetooth Bluetoothの状態取得やON/OFF、シリアル通信が行えます(Androidのみ)
Camera 写真を撮ります
Capture 端末のオーディオ、カメラ、ビデオカメラを利用してマルチメディアデータを作成します
Compass 端末の方向に関する情報を取得します
Connection 端末の携帯電話ネットワーク及びwifi接続情報を取得します
Contact 端末内の連絡先情報です
Database データベースオブジェクトです このオブジェクトを操作して各種データ処理が行えます
Device 端末のハードウェア/ソフトウェアの情報です
FileSystem ファイルシステム情報です
Finish アプリを終了させることができます(Androidのみ)
GameSound ゲーム向きの音声再生を行います
GEOLocation 端末のGPSセンサーの情報を取得します 緯度や経度といった端末の位置情報が取得可能です
主にGPSから位置情報を取得しますが、IPアドレスやRFID,WiFi,Bluetooh,MACアドレス,基地局IDなどの情報からも現在位置を推測します ただし正確な位置を特定する保証はありません
Globalization 端末に設定された言語やロケールを取得します
HTTP HTTP通信を行います
Keyboard キーイベント取得を行います
LocalNotification ローカル通知機能を提供します
Notification ダイアログ、音、バイブレーション機能で情報通知する機能を提供します
Purchase 課金アイテムの情報を取得します
SimpleStorage データを簡易的に保存します
SlideMenu スワイプして横に移動するスライドメニューを表示します
SplashScreen スプラッシュ画像を表示します 画像は画面いっぱいになるように自動的に拡大します
推奨サイズ 縦画像 640x1136、横画像 1136x640
Video 位置を指定して動画を再生します
WebSoket Android4.3以下のWebViewではWebSocketを使用できない点を補うために、アプリ側でWebSocketを実装した機能です
WiFi AndroidのWiFiの稼働状況の取得、ON/OFFの設定、アクセスポイントのSSID取得、接続を行います
ARAPPLI PLUS+ AR機能を実装します 認証キーの設定はマイページから事前に行う必要があります
DocomoLocation ドコモ基地局を利用した位置情報を取得します
GoogleAnalytics google社が提供するウェブ解析ツール(GoogleAnalytics)にデータを送りGoogleAnalytics上でデータを閲覧するための機能です
popinfo PUSH通知サービスを利用します 使用するには別途サービスへのお申し込みが必要です