たよれーる
exclaTOP > セキュリティ
スマートデバイスの脅威

近年、スマートフォンやスマートタブレットといったスマートデバイスを利用するビジネスパーソンが急増してきました。携帯性、素早い起動、タッチ操作、内臓カメラといった従来のノートパソコンにはない利便性があることが急速な普及の背景にありますが、業務システムの端末としてスマートデバイスを用いる場合、必然的に個人情報などの機密データをスマートデバイスで取り扱うことになります。

社外でスマートデバイスを紛失したり盗難にあった場合、その影響は大きく、社会からの信頼性が大きく揺らぐ可能性があります。そのため、綿密な情報漏えい対策は必須といえ、 「 MDM 」と呼ばれるツール/サービスの導入を検討している企業が増えています。

MDMの主要機能

「MDM」は“Mobile Device Management”の頭文字をとった用語で、モバイル端末管理と呼ばれるスマートデバイス端末を効率的、かつ安全に活用するためのツール/サービスのことです。

MDMの主要な機能として「紛失・盗難対策」「セキュリティ対策」「資産管理」があります。

目的 機能 詳細
紛失・盗難対策 リモートロック 管理画面からリモートで端末の起動をロックする
リモートワイプ 管理画面からリモートで端末を出荷状態にする
パスワードのリセット 管理画面からリモートで端末の起動をロックするパスワードを変更する
セキュリティ対策 ポリシーの作成・配布 セキュリティポリシーを作成し、端末に配布する
アプリケーション利用制御 利用を許可したアプリケーションのみ起動を許可する
資産管理 インベントリ収集 端末のハードウェアやソフトウェア情報を収集、可視化する

スマートデバイスを紛失したり盗難にあったりした場合、MDMを導入していれば、遠隔操作によりロックをかけたり(リモートロック)、初期状態に戻したり(リモードワイプ)が可能になります。また、ネットワーク設定などの端末設定、端末の情報収集、端末の操作がリモートで可能になります。

MDMの導入で注意したい点があります。それは、MDMのツール/サービスによっては、機能の一部が特定機種あるいは特定バージョンのOS上でしか利用できないことです。利用したい機能が、対象端末やOSに対応しているかどうかを、導入前に確認する必要があります。

たよれーる DMS(大塚商会)をご提案

インターメッセおすすめのMDMは、「たよれーる デバイスマネジメントサービス(大塚商会)」

大塚商会が提供する「たよれーる デバイスマネジメントサービス」は、iOS及びAndroidに対応しているので、OSや端末の種類を気にする必要がありません。

また、利用最少契約端末数は1台からとなっていますので、スマートデバイスの所有数によらず幅広いお客様にご利用いただけます。

加えて、お客様に代わって大塚商会サポートセンターが365日24時間リモートロック、リモートワイプ(初期化)の操作代行も行っております(オプションサービス)。

たよれーる

※金額は税抜価格

利用最少契約端末数 初期費用 月額費用 リモートロック・ワイプ操作代行サービス
1端末 無料 300円/端末 200円/端末